癒される心と体 -元気回復堂-

ネガティブな思考回路によって生まれる慢性腰痛

痛みがない人達の背骨を検査した結果、

  • 椎間板がつぶれている
  • 椎間板が変形している
  • 椎間板ヘルニアがある
  • 背骨の隙間がとても狭くなっている

医学的に「症状」が出ているはずの人達が沢山出ました。

「痛みの自覚が無い人」でのMRI検査で判明した事で

5歳:15%
30歳:30%
60歳:60%

痛くないけどヘルニアは持っていた」という事が明らかになりました。

じゃあ、いったいこの痛みや痺れはどこから出てきているのか。

研究が積み重ねられた結果、医学は1つの結論にたどり着きました。

「腰痛の85%は原因が特定できない」

つまりは「わからない」となったのです。

「原因」がわからないなら「治療法」もわかりません。「治療すべき対象」が見えていないのですから。

実際に「腰痛治療からは撤退すべきではないか?」という議論が医学界で起こったほどです。

でも、実際に腰痛で困っている人は沢山います。医学は患者を見捨てません。

医師たちは匙を投げる事無く、腰痛の真犯人を探し続けました。

「必ず、何か共通点があるはずだ」

この信念のもと、改めて腰痛患者の「全身のMRI検査」を行い、比較研究を進めていきました。

そして見つけたのです。共通点を。

固定ページ:
1

2

3 4 5 6 7 8
PAGE TOP